LOG IN

メモをまとめて役立てる

by えびあき

プレゼンで必ず役立つ「自分の引きだし」

ありがたいことに、今年はプレゼンの機会をいただくことが多いんです。

資料、たくさん作成しました。

プレゼンの際に活きてくるのが、「自分の引きだし」を増やすこと。

普段から、たくさんの情報に触れていますが、この情報をいかに「使えるもの」として整理するか、がポイントになります。

サラリーマンになりたてだった頃の私は、情報の整理ができませんでした。

上司から、「立ち読みしろ」「新聞読め」「他競合店を見に行け」と言われ、言われるがままに行動していました。(行動することももちろん大事)

当時はイベント企画や販促企画の部署にいたのですが、とにかくいろいろなことを並行して作業する必要がありました。そこで気付いたのが、「案件別」「業者別」に、メモをとると、のちのちまとめやすくなるということでした。

清書するつもりで、まとめる

メモはどうしても、乱雑になってしまいます。

あとから読み返したときに、何を書いているのかわからなくなったり、何の案件のことをメモしたのかを忘れてしまうことがありました。また、急いで書いたり、電話しながらメモをとったりするため、汚い字で埋まっていきます。

ある日、これを「清書する」ことにしました。

その時思いついたのが、「案件別」「業種別」にまとめる、ということです。

これ、おすすめです。

昔流行った(今も使われている?)、ルーズリーフを活用すると、比較的容易にまとめていくことができます。

相手先の特徴や担当者のことも書いておく

お客様の名前もすぐに覚えられるように、名前と役職、どんな印象か、なども記載しておきます。

どんな会話をしたか…までいくと大変なので(笑)、何かの拍子で知ったこと、「趣味」や「好きな食べ物」などはメモしておくと良いでしょう。

コミュニケーションは宝

仕事は「人」が産むもの。

人と人とのコミュニケーションで世の中は成り立っています。

今の自分にできる範囲で良いので、引きだしにモノを詰め込み、そのモノをコミュニケーションに役立てていくと、より信頼関係が増していきます。

OTHER SNAPS